豊島区巣鴨・西巣鴨・駒込の内科・胃腸科・整形外科の巣鴨クリニック|胃カメラ検査や特定健診、各種点滴療法などを行っております。

豊島区 巣鴨 西巣鴨 駒込 内科 肩こり 腰痛 プラセンタ 特定健診の巣鴨クリニック

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-4-2 岡田ビル3階 電話番号:03-3918-1666

ピロリ菌

ピロリ菌は、正式名称「ヘリコバクター・ピロリ」と呼ばれる細菌で、一度感染すると胃の粘膜に生息し続けます。

日本では年齢とともにピロリ菌に感染する方が増える傾向にあり、40歳以上では約70%の感染率とも言われています。
ピロリ菌は、主に胃や十二指腸の病気、特に胃がんのリスクを高めますので、感染が分かった場合は、早めの除菌治療を行いましょう。

ピロリ菌によって引き起こされる症状・病気

胃の内部は、胃酸によって強い酸性の状態が保たれており、通常生物は生息できません。
しかし、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を体内から作り出して胃酸を中和し、結果として胃の粘膜が傷つけられることになります。
ピロリ菌によって引き起こされる症状や病気は下記の通りです。

症状

  • 胃もたれ
  • 吐き気
  • 空腹時の痛み
  • 食後の腹痛
  • 食欲不振

病気

  • 慢性胃炎
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃潰瘍
  • 胃がん

ピロリ菌の検査

ピロリ菌に感染しているかどうか、下記の検査で判定を行います。

胃内視鏡検査

胃内視鏡で胃粘膜の状態から判定します。発赤、白色粘液の付着、ひだが厚くなっているとピロリ菌感染を疑います。

病理組織学的検査

胃内視鏡で胃の疑わしい病変の一部を切り取ってHE(ヘマトキシリン・エオジン)染色あるいはギムザ染色、免疫染色により染色し、顕微鏡で直接観察する方法です。

血液・尿による抗体測定

血液や尿、唾液を採取して、ピロリ菌に感染した際にできる抗体がないかを調べる検査です。

糞便中抗原測定

便を採取して、ピロリ菌の有無を調べる検査です。

尿素呼気検査

検査用の薬を飲む前と後の、呼吸内の二酸化炭素濃度を調べることで、感染の有無を調べる検査です。

迅速ウレアーゼ試験

内視鏡で採取した胃の細胞に、ピロリ菌が出す酵素ウレアーゼがないか調べる検査です。

鏡検法

採取した胃の細胞を顕微鏡で確認し、ピロリ菌がいないかを調べる検査です。

除菌治療について

ピロリ菌の除菌には、胃酸の分泌を抑えるお薬と抗生剤を2種類組み合わせ、1日2回、7日間服用する方法が用いられています。1次除菌の成功率は75%です。

除菌に失敗した場合には、抗生剤を1種類変更して再度7日間服用し、2次除菌を行います。2次除菌の成功率は95%といわれています。

ピロリ菌の除菌治療後について

除菌治療後は、体内にピロリ菌がいないかの判定検査を行います。
この検査でピロリ菌が見つからなければ完了となります。
除菌後再感染する確率は1年間で0.2%といわれています。

アクセス
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-4-2
岡田ビル3階
03-3918-1666
>>詳しく地図をご覧になりたい方はこちら
提携医療機関
東京慈恵医科大学付属病院

このページの先頭に戻る